-

外為をはじめたばかりの方が為替相場の要を見つけるには第一に注文を重ねる事が重要です。

特に、未然にピンチを感づくようにするようになるには、負けを重ねる事も体験のひとつです。

無論、負けたといっても立ち直れなくなるほど決定的な失敗をしてはいけません。

取り戻せるほどのケアレスミスを何回も実践する事が結果的に自分の経験値を高めてくれるはずだ。

こう考えるとまずは少額資金で投資して、これによって数度取り返しが付く間違いをすることが大切です。

一例として、100万円だけしか投資に回すお金のない状況で、はじめに全て投資して取引すると、マイナスになった時、やり直せない不安があります。

それより、ひとつの例として少しずつ注文して、そこでエントリーを積んだ方が所徐にミスを対応する方法なども習得するはずです。

はじめに小さな額でエントリーする事の長所は、先ほど書いたように、自らの取引経験を増やし、間違いを管理する手段を身に付けていく事にありますが同時に、取引の回数を増やす事で、不確実性を減らす事ができるという長所もあります。

想定として、1度の取引で勝てる可能性が50%だと考えます。

この場合、等しい確率でマイナスになる危険性もあるということになります。

勝率5割ということは。

2回に1回の確率で利益が上げられる事を意味しています。

ですが、全ての資金を投じて1度のみの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

それではただの賭けと同じです。

それは全てのお金を投じて1回だけしかトレードしないと、この分だけ負けるリスクが高くなります。

これを避けるために、資金を全額投入するのではなく、少額ずつ分けて、機会を増やす事がリスクコントロールとなります。

また何回かに分けたとしても全てのトレードでプラスにする事は必須ではありません。

むしろ、全部は勝てないのが現実です。

売買で重要なのは、勝利回数ではなく、いくら儲けるかである。

勝ち負けが同じでも仮にそれ以下でもプラスにする事は出来ます。

7割負けてもその収益が少額ならば、3割の勝利の利益の大きさだけで十分に儲ける事が出来ます。

そのためには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を忘れない事です。

損益が出たら即ロスカットしてそれとは反対に利益を上げられる場面ではなるべく大きくプラスにする事がFX投資ビギナーがFX取引で勝利するための秘訣です。