-

カードを所有していますが、利子が高額なように感じてクレジットカード会社へ照会してみたのですけれども、お客様は無担保なのでそうした金利ですと告げられてしまったのです。担保のないカードとはいかような事なのでしょう。このような疑問に回答していきます。担保というものが存在するという意味はどんなようなありさまに対する事を言うのでしょう。フリーローンのとき利用目的といったものが自由になっているキャッシングサービスで担保契約していない場合というのが殆どでそのような事を無担保フリーローンなどと呼称しているのです。住宅ローン等といったものは購買するものというのが確定してますので、購入したものに抵当を設定します。こういったことが有担保借入などと呼ばれています。有担保ローンに関してのメリットは抵当権が存する分の利息が低い水準になっているというところなのです。しからばカードローンに担保といったものを設定しておきまして、利率を低い金利にする方が得だと希望するかもしれないのですけれども、万が一支払い不可になってきた折は担保物を差し押さえられる事になってしまいますのでそんな無謀なことをする方というのはいないはずです。実を言いますと担保などを契約設定できるというカードキャッシングといったようなものも有るのですけれども折角自分の信頼度で借入できるので、些細な利子の差額ぐらいは目をつぶるというのが普通なんです。あとサラリーマンのような、所得の一定した人は信用というものもありますからことさら担保といったものを設定せずともクレジットカードをこしらえることといったものが出来、個人事業主だと所得というのが一定していないから担保の差出を促されてしまう場合も有るのです。クレジットカード会社というのは貸し出しただけでは儲けが上がりません。利息取立てした以降始めて利益を得るのですから、至当な要請なのです。それゆえ無担保でも借りられる信頼性というものが存することは大きな意味といったようなものが有ります。