-

車の売買についてこのところ流行しているのがインターネットオークション経由での取引があげられます。オークションの強みはいくつかありますが、例えば、中古車の店頭や下取りを依頼するより高い価格で売却できるということでしょう。自分が査定に出す車の相場をみてあと一息と思うのならばインターネットオークションを利用することでそれ以上にいい価格で処分することができる可能性があります。しかし出品に時間を取られるのが負担になるかもしれませんが。個人でオンラインオークション出す場合は一般に言われるモバイルオークションなどを利用せず、中古車情報サイトや中古車専門のお店がたくさん集うサイトでオークションに出すのが良いと思います。そのようなオークションサイトを選ぶことで結構な数のテンプレートがあるのでそれらを活用して必要事項を埋めていくことで手間をかけずに出品できます。オークションサイトで売却をする際のポイントとしてクルマはその写真が命です。この写真によりユーザーは車の程度をみると言っても差し支えありません。処分する車の画像は車両の外装は当然ですが、カーテレビ、メーターパネル等の内装もできるだけ撮る必要があります。それから、車の納品後のクレームを事前に抑止するために傷、へこみ、説明が必要な点があったら説明をする必要があれば理解をしやすいように写真の中で見てわかるようにする必要があります。これは車を査定に出す場合についても同様です。また掲載するとプラスになる点としてレーダー探知機や吸気・排気系パーツ、ラジエーターキャップや足回りパーツやマフラーカッター、スタビライザー、スピードメーター、リアスポイラーというような車外パーツが付いている状態であれば詳しく説明して写真を準備しておいたほうがよいでしょう。こういったETCやサスペンション、3連メーター、クラッチ・ミッション・デフやマフラーカッター、テールランプ、ドアミラーなどの改造用部品は凝っている人には相当プラスの材料となることがあります。オンラインでのやり取りの中で納品後のクレームをできるだけ防ぐためにも、修理の事実や不良箇所があったら絶対に詳細に記載するようにする必要があります。自分でネットオークションを利用することがなかなか厳しいならネットオークションを代行してくれる業者という業者がいますので、業者ににお願いするという手法もあるのです。このケースは一般的なオンラインオークションとは異なりご自身の手放す車を専門業者が集うオークションに出品して進めていただくようになるようです。売却する自動車の流通相場が一般的な相場とは違って専門業者が集まる取引相場ですから一般的な競売と比べて多少高い入札額が期待できます。ネットオークション代行業者のマージンを抜いた上で売る車の入金金額が支払われますから競売代行専門業者の質や取引マージン次第では、一般のオンラインオークションよりも結果的にすこし値段が安くなってしまうこともあります。このようなオンラインオークションの場合は相当ネットオークション代行業者のノウハウによるケースも大きいので、信頼できる専門業者を使うのが肝要な点です。競売のトラブルは委託関係になるので低いです。どのようなネットオークション形式でも同じですが、処分する自動車にとって不利になること(傷など、へこみなど)を公表しないでいると、売却額が下がったり場合によってはクレームになります。ご自身の愛車のことは全部隠さないようにする必要があると思います。