-

破産手続きを考えている人であなたのローンにあたってその保証人となる人がいる場合には、事前に相談をしておいた方が良いです。ふたたび、改めて言いますが、債務に保証人がいるときは、破産宣告の前段階に検討しておかなければなりません。自分が自己破産をして免除されると、その保証人がそれらの返済義務をまとめて払うことになってしまうからです。やはり、破産申告以前に保証人にこれまでの詳細やおかれた現状を報告して謝罪をしなければいけないでしょう。これらは保証人となる人からすると求められることです。友人等のあなたが破産手続きを取ることによって何百万円もの返済義務がふりかかることになるのです。そして、以後の保証する立場の人の行動の手段は以下の4つです。一つめは、保証人自身が「すべて弁済する」ことです。保証人自身がその何百万円ものカネをラクに支払うことができるというような資産を所有していればこの方法を取ることが選択できます。しかしながら、あなたが破産せず保証人である人に立て替えをお願いして、その保証人に返していくという手順も取れるかと思います。保証してくれる人があなた自身と親しい関係にある場合はある程度弁済期間を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。それに耳をそろえて返済ができなくとも貸方も話し合いにより分割での返済に応じてくれます。保証人にも自己破産をされるとまったく返済されないことになるからです。また保証人が債務者の返済額を全部立て替える財力がなければ債務者とまた同じように負債の整理を選ばなければなりません。続いてが「任意整理」を行う方法です。これは債権者と落としどころをつけることによって5年以内くらいの期間内で完済をめざす感じになります。依頼するときの経費は1社ごとに4万円。7社からの債務があった場合約28万円必要になります。むろん貸した側との話し合いは自分でやってしまうことも不可能ではないですがこの分野の経験のない素人の場合債権者が確実に有利な内容を出してくるので気を付けた方がいいでしょう。それに、任意整理をする場合は保証人に借り入れを代わりに払ってもらうことを意味するのですから借金をしたあなたはたとえちょっとずつでもその保証人に支払っていく義務があります。さらに3つめはその保証人も返せなくなった人と同様「破産を申し立てる」という方法です。保証人となる人も借金した人と同じように破産すれば、あなたの保証人の借金も帳消しになります。ただし、その保証人が戸建て住宅などを持っているならばそういったものを失いますし、資格制限がある職についている場合影響が出ることは必須です。その場合は、次の個人再生を利用するといいでしょう。では4つめの方法としては、「個人再生を利用する」ことができます。マンション等を手元に残したまま債務の整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格制限に触れる仕事についている方に利用できるのが個人再生制度による整理です。この方法ならマンション等は残りますし破産申し立てのような職業の制限資格に影響を与える制限がかかりません。