-

(全損)とは名称の通り全部が故障してしまう状況で、結論として走行が出来ないというような移動手段として機能を果たさなくなった場合に使われますが、自動車保険で定義されている(全損)は少なからず同義ではない内容が含まれていたりします。自動車保険においては乗用車が損傷を受けた時に全損と分損などと2つの状態分類され『分損』は修復費が保険金内でおさまる事を表し逆に《全損》とは修理のお金が補償金の額を超えてしまうケースを指します。一般的には、修復で『全損』というとエンジンに致命的な損害が存在したり乗用車の骨組みがねじれてしまって元に戻すことが無理な場合再利用か廃棄と判断されるのが通常です。けれども、事故が起きて業者や車の保険会社がかかる修復費を計算した場合にいかに外観がきちんとしていて元に戻すことが可能である時でも修復の費用が補償よりも高かったら何の目的のために保険にお金を負担しているのか分からなくなるでしょう。そういう場合は《全損》と考えてマイカーの所有権を車の保険屋さんに譲渡して保険額を負担してもらう事になっています。当たり前の事ながら長い年月乗り続けた車で愛情があり自分でお金を出して修理して使用したいという人間はかなりいらっしゃいますので場面において自動車保険会社と話し合ってみるといいかもしれません。さらに、車の保険によってはそのような時を想定して車両全損時諸費用補償特約などの《全損》の際に特約ついている場面が多く不幸にも愛車が《全損》なった際でも車を買い換える等の諸経費を一部分でも払ってくれるケースもあったりします。尚盗まれた時の保険額の特約をつけてると盗難にあった愛車が発見できない状態でも全損となり、補償金が支払われることになります。